詩編71編 来たるべき世代に語り告ぐ

「御腕の業を、力強い御業を、来るべき世代に語り伝えさせてください」71:18

くぅ~ママのちょっと一言
年老いた人の祈りです。主に拠り頼む詩人は苦難の中から救い出され、以前に優る名誉を与えられます。一方敵対していた者は詩人の前に恥じ入ることになります。そこで詩人は主に歓喜の祈りささげて詩を閉じます。
万策尽きた時に御手が伸ばされ、主は守って下さいます。自分には主が働いてくださったと分かります。そんな時主に歓喜の祈りを捧げずにはおれないのです。

聖書要約
主よ、あなたのみ下に身を寄せます。あなたは私の大岩、砦。私の神よ、あなたに逆らう者から私をお救い下さい。あなたは私の希望です。私が産声をあげたときから、あなたは私の側にいてくださり、祈りに答えてくださいました。私があなたに讃美を捧げるのは当然のことです。
今や年老いた私ですが、どうか見離さないで下さい。私が力尽きても見捨てないで下さい。敵は神が私を捨てたら攻撃しようと待ち構えています。ですからそんなに離れた場所にいないで下さい。今すぐ私を助けてください。あなたは私を何度も助けてくださいました。私が老人になっても見捨てないで下さい。あなたの奇跡を後世に伝える機会を与えてください。あなたの恵みと力は天にまで届きます。
あなたは私に多くの災いと苦しみを与えられましたが、再び命を得させてくださるでしょう。それどころか以前にも増して名誉を与えてくださるでしょう。神さまに救われた私は歓喜の叫びを上げて主を褒め称えます。私に危害を加えようとした者たちはみな恥じ入ったのですから。