イザヤ書57章 回復させよう


「わたしは彼をいやし、休ませ、慰めをもって彼を回復させよう」57:18

くぅ~ママのちょっと一言
神に従って生きる者は死んだあとも平安が与えられ、神に逆らう者は主からの平安を頂くことが出来ないと書かれています。主は怒りを短くして、主に立ち返る者を待っておられるのですが、それでも主に背く者には平安はないと断言されます。
1節の神に従った者とは第2イザヤを指すのではないかという説があるようです。長く続いたバビロン捕囚で、カナンの宗教がイスラエルの人々の中に入り込んでいました。その様子はカナンの宗教が列挙されていることで分かります。イスラエルの人々はそれを熱心に求めたのですが、それは空しいことでした。本当に私たちを愛しておられる神さまは、信じることで心に平安を与えてくださるのです。もし信仰をしていて脅迫されるような思いに駆られたり、努力や修行を求められたりするであれば、それは本当に信じるに値するものかと吟味する必要があるのではないかと思います。

聖書要約
神に従った人が人生半ばで死んでもだれも不思議に思う者はいません。しかしそのような人が死んだら、平和そのものの中で休息を得るのです。
しかし罪人、うそつきの子らはそうはいきません。木陰で熱心に偶像を拝み、子どもをいけにえとして捧げ、谷間で滑らかになった石を神として自分の人生を占い、山上で偶像を拝み、性的宗教儀式を行い、高価な香油を神々に注ぎ、霊媒師を死者の世界まで送り出しました。あなた方は主である私に心を向けることはありません。いつまでもこのようなことが続くと思っているのですか。あなた方が造った神々はあなたをた助けることはできません。私を信頼する者だけが私の聖なる山を受け継ぎます。
へりくだる者の祝福
主は言われます。バビロンからの帰還に備えて道を整えなさいと。永遠なる神はへりくだる者とともにいてくださいます。いつまでもあなた方に対して怒りを燃やすことはしません。もしそんなことをしたら、すべての者は滅んでしまいます。背き続ける者でも、罪を告白したら赦します。近くの者も遠くの者も平安があるようにします。それでもなお神に逆らう者は静まることのない海のように平安はありません。