イザヤ書62章 捨てられることはない


「あなたは尋ね求められる女、捨てられることのない都と呼ばれる。」62:12

くぅ~ママのちょっと一言
バビロン捕囚を預言しながら、さらにそこから救いのプロジェクトが用意されていることを確信し、そのことを城壁に見張りを置いて主に祈り続けるとイザヤは言います。人生には色々なことがあるけど、クリスチャンの人生の最後は逆転ホームラン。涙をぬぐいながらホームベースを踏んだ後、神さまの温かい胸に飛び込むことができます。主が守ってくださる人生なのだから、主を賛美し、主の庭で感謝を捧げながら、山あり谷ありの人生を前向きに生きていきたいと思います。

聖書要約
グッドシオンの救い
私(イザヤ)はシオン、エルサレムが正義をまとって光輝き、主の救いが燃え上がるまで祈り続けます。やがて諸国の民はあなたが正しいことを知るようになり、あなたの栄光を仰ぐようになります。あなたは神の手の中にある王冠のように輝き、そして主から新しい名前で呼ばれるようになります。二度と「捨てられた女」と呼ばれることはなく、望まれる者、神が喜ばれる者、花嫁と呼ばれるようになるのです。
私はエルサレムの城壁に見張りを置きます。神に覚えられ、救われることを祈り続けるために。主はエルサレムに真心をこめて誓われました。「再びあなた方の穀物を敵のものとはしない、あなたが労して作った酒を他の国の人が飲むことはない」と。あなたたちは刈りいれたものを食べて主を賛美し、ぶどう酒を主の庭で飲むがいいと。
民が帰ってくる道を整えよ。旗を高く上げよ。主なる神が主の民を救われる。彼らは聖なる民、捨てられることのない都と呼ばれるようになります。