エレミヤ書45章 どこに行っても守る


「ただ、あなたの命だけは、どこに行っても守り、あなたに与える。」45:5

くぅ~ママのちょっと一言
この出来事は36章の後起こったことですが、バラクへの啓示として、エレミヤの預言が終わった後にこの章に入れられているとのこと。
バラクは主の言葉を巻物にして民の前で読み上げました。もしかしたら民が心を入れ替えて、主が災いを下すことを止められることを期待していたのかも知れません。また高官に徴用されることを期待していたのかもしれません。しかしバラクは人々から逃げる立場になってしまったのです。
自分自身が辛い思いをすることが、神さまの大切なご計画の遂行のためであるなら、それを引き受ける人生も「あり」なのだと思います。どうしても理解しがたい事柄が人生の中にやってきた時、もしかしたらそのようなことかもしれないという理解の仕方があることを知っておきたいと思います。

聖書要約
グッドバラクへの言葉
ユダの王ヨシアの子、ヨヤキム治世4年目に預言者エレミヤの口述をバラクは巻物に書き留めました。その後エレミヤは神の言葉をバラクに伝えました。「バラクよ、お前は自分のことをみじめな人間だと言いました。「主は苦しみの上になお苦しみをお授けになった」と。私はこの国に災いを起こす計画は変えません。しかし主のために苦しみを受けているあなたの命は必ず守る」と。