詩編79編 あなたに養われる者


「わたしたちはあなたの民、あなたに養われる羊の群れ」79:13

くぅ~ママのちょっと一言
救いの象徴、神のご臨在を表すエルサレムですが、本詩ではそれが破壊された後の様子を歌っています。神の怒りを神を信じる私たちにではなく、神を信じないものたちに7倍にして返してくださいと頼みます。7倍は完全数ですから、徹底的な報復を願った言葉です。また報復は神がされることと詩人は歌います。
どんなに詰め寄られ、追い詰められたとしても、私たちはただ祈ります。報復してくださるのは神だからです。

聖書
ああ神様、あなたの地は異教の軍隊に占領されてしまいました。エルサレムは瓦礫の山、あなたの民の血はまるで獣を殺すように流されました。死体を屠ることが出来るような生き残りの者もいない有様です。ああ神よ。いつまで続くのですか。あなたの激しい怒りは私たちにではなく、神を信じない人々に注いでください。どうか私たちの昔の罪を持ち出して有罪としないで下さい。異教の民が「いったいお前達の神はどこにいるんだ」とあざけるのを放っておかないで下さい。牢につながれている者。死刑を待つ者のうめきをお聞きください。あなたをののしった国の民に7倍の復讐を加えてください。そうすればあなたの民である私たちは一までも感謝し神の偉大さを褒め称えるでしょう。

次の記事

詩編80編 執り成しの祈り