詩編91編 御使いに守られて


「主はあなたのために、御使いに命じて、あなたの道のどこにおいても守らせてくださる」91:11

くぅ~ママのちょっと一言
神に信頼して、神の下で生きる者の幸いを歌っています。神を信じたら自分の思い通りの人生が約束されているということではなく、神様の側から見て一番よい人生を神様は私に与えてくださっていると確信することです。
11節に「神は御使いに私を守らるように命じられた」とありますが、私の大好きな絵本「いつもだれかが」を思い出します。人生のあらゆる場面を天使が守ってくれるのです。私の大切な方々に心を込めてプレゼントした絵本です。もちろん娘達にも。私の人生の証しとも言える絵本です。主に守られていることを確信して感謝の毎日を送りたいです。

聖書要約
全能者の下に身を寄せる人よ、「神様こそが私の避難所、安全地帯、信頼してあまりある方です」と神様に申し上げなさい。神はどのような罠からもあなたを救い出し、守ってくださいます。神はあなたを翼の下に入れ、盾をもってかくまわれます。夜の闇も昼間の襲撃もあらゆる災難も恐れなくてもいいのです。たとえあなたの側にいる人が災難にあっても、主はあなたを守ってくださるのです。主は御使いにあなたを守るように命じられました。だから石につまづいたり、獅子や毒蛇に出くわしても大丈夫です。
主は言われます。「私を慕う者を私は救う。私を信頼する者を偉大な者にしよう。私を呼び求める時、私はそれに応える。苦しんでいる時には側にいて、力を与え、充実した人生を送らせよう」と。