詩編95編 主に養われる羊の群れ


「…わたしたちは主の民、主に養われる群れ、御手の内にある羊」95:7

くぅ~ママのちょっと一言
後半の主の言葉はエジプトを脱出してから約束の地カナンに入るまでの荒野での40年間のことが語られています。
羊と羊飼いの例えは私たちと神さまの関係をよく表しています。羊は羊飼いの声を聞き分けて従わなければ、単独では生きていけない弱いものです。私たちも神様のみ声を聞き、神さまに従って生きていくことにより、本当の幸せに導かれるのです。自分は強いと思って、羊飼いから離れることなく、狼に襲われたり、嵐がやってきたりしてもちゃんと守ってくださる神の下にいることです。いつも良き物を与えようと手招きしてくださる神様に従うことです。

聖書要約
さあ、私を救ってくださる神様に向かって喜びの讃美を声高らかに捧げましょう。大いなる神様の御前に進み出て感謝を捧げましょう。
地中深い所も、そびえる山々も全て神様のものです。海も陸も、私たちをもお造りになった神さまにひれ伏して礼拝しましょう。私たちは神の民、神は羊飼いが羊を養うように、私たちを養ってくださいます。羊飼いの声を聞いたら神さまの下に行きましょう。
主は言われます。「イスラエルの民が荒野のメリバやマサで強情になった。なんども奇跡を目にしながら、私を信じなかった。荒野での40年間、何度も裏切る民を赦し、愛したが、民は私から心遠くはなれて、私が与えた律法を守ろうとしなかった。だから、私は怒り、彼らの為に用意した約束の地に入ることを許さなかったのだ」と。