詩編119章 主のいましめを守ります


「あなたの御言葉は、わたしの道の光。わたしの歩みを照らす灯」119:105

くぅ~ママのちょっと一言
聖書の中でも最も長い章とのこと。ヘブル語のアルファベットから始まる数え詩です。長い章ですが主題はトーラー「律法」を守って生きていこうとする詩人の決意とそれによって、神の守りと祝福が得られる幸いが歌われています。律法を「おきて」「定め」「いましめ」「命令」「みことば」という言葉で置き換えられています。

聖書要約
アレフ・神様のおきてを守る人は幸いです。私は神様にお従いしますから見捨てないで下さい。
ベト・どうしたら若い人は身も心もきよく保つことができるでしょうか。それはあなたのおきてを暗唱して宝石のように大切にすることです。
ギメル・私を長く生かしていつまでもお従いできるようにしてください。地上では旅人の私にとって神の言葉は人生のガイドブックです。
ダレト・私は失望のあまり這いつくばっています。おことばによって生き返らせてください。
ヘー・いのちをつくしてお従いしますので、どうしたらいいかを教えてください。金銀より主への従順の道を選ばせてください。
ワウ・私に約束してくださった慈しみと救いが私に訪れますように。そうすればあなたの約束を私が信じるが故に馬鹿にする者たちに言い返すことが出来ます。
ザイン・あなたの私への約束を忘れないで下さい。神様のご命令を無視する者たちに腹が立ってなりません。
ヘト・私はみ言葉を守り、あなたから祝福を頂くことを求めます。あなたのおきてを教えてください。
テト・ああ神様、大地はあなたの恵みで満ちています。確かな判断力と知識を私に教えてください。神様からの懲らしめは私のためによいことでした。私はあなたのおきてをまなぶようになりました。
ヨド・神様は私の体をお造りになりました。今度はあなたのおきてを第一に歩むための知恵を授けてください。
カフ・神様からの救いを待ちくたびれてしまいました。どうかこの命をお救い下さい。
ラメド・主よ、あなたのみ言葉は天にある微動だにしない岩のようです。そのみ言葉から私は喜びを頂くことができるので、自滅することなく生きることができるのです。
メム・私はあなたのいましめを心から愛しています。あなたの戒めは敵に優る知恵を与えてくださいます。
ヌン・あなたのみ言葉は私の道の光、私の歩みを照らす灯。
ザメク・神に従おうかどうか迷うような優柔不断な心を持つ者に対して私はきっぱりと「私は主の律法を愛します」と宣言します。
アイン・どうか敵が私を虐げるようなことがありませんように。私は主に従い、誰に対しても公平な立場をとってきました。私は金に優り純金に優ってあなたの戒めを愛します。
ペー・あなたの教えは素晴らしいです。あなたのご計画が明らかにされると無知な者でも理解できるようになるのです。
ツァデ・公明正大なあなたは正しく人を裁かれます。あなたの定めはとこしえに正しい者です。
コフ・ああ神様、ひたすら祈り続ける私にお答えください。私の声を聞き元気な体に戻してください。
レシュ・悲しみの涙に明け暮れる私を救い出してください。私はあなたの教えを忠実に守っています。
シン・この世の権力者が迫害を加えますが、私が恐れるのは神のみ言葉だけです。私は日に7回あなたを賛美します。
タウ・ああ神、この祈りをお聞きください。あなたのみ言葉を理解させてください。あなたの救いをしたい求めます。羊のようにさまよう私を捜し出して下さい。私はあなたの戒めを忘れるようなことは決してありません。

次の記事

詩編120編 心の拠り所