詩編122編 主の城門の中に立つ喜び


「エルサレムよ、あなたの城門の中にわたしたちの足は立っている」122:2

くぅ~ママのちょっと一言
都詣でに誘われた喜びと、困難の末に巡礼の旅を終えてエルサレムに入城した詩人の興奮が伝わってくる詩です。それは日曜日にいそいそと教会に集い喜びと感謝の礼拝を捧げ、友のために祈りあうクリスチャンの姿そのものです。「ダビデによる」とありますが、時代的にはネヘミヤ時代に書かれたとのこと。

聖書要約
エルサレムに上っていって神殿に詣でようと誘われた時、私はどれほど嬉しかったでしょう。そして今私は都に足を踏み入れているのです。都エルサレムに皆が集い、礼拝し、感謝を捧げ、賛美する事は私たちに定められたこと。かつてここは王達によって正しく支配された所です。エルサレムに平和がありますように。ここに住む友人や兄弟に平和があるように。主の家に幸いが満たされますように。