詩編125編 主が囲みの中に


「山々はエルサレムを囲み、主は御自分の民を囲んでいてくださる」125:2

くぅ~ママのちょっと一言
エルサレムが山々に囲まれて守られているように、主は主を信じる者を守ってくださると歌われています。都もうでの歌に入っていますが、エルサレムを目指して巡礼する者たちがそこで主に出会う期待感が込められているように思います。「守られている」と言うことは自分の存在を肯定し、人生をしっかりと生きていく確かな動機となります。そして守ってくださる方の思いに応える歩みをしたいと思うようになるのではないでしょうか。

聖書要約
主に信頼する者はシオンの山のようにどのような状況になっても動じる事はありません。またエルサレムが周囲の山々で守られているように、主は主を信じる者たちをいついつまでも守ってくださいます。主に逆らう者が主を信じている者をそそのかして悪に手を染めることがないように。
どうか主を信じる者に幸いを与えてください。悪を行う者を処罰してください。イスラエルに平和がありますように。