詩編150編 主を賛美することこそ生きる目的


「息あるものははこぞって主を賛美せよ。ハレルヤ。」150:6

くぅ~ママのちょっと一言
詩篇150編最後の歌です。原文では「神を賛美せよ」という言葉が10回でてきているとのこと。生あるものは主を賛美しなさいと詩人は命令しています。詩人は生あるものの生きる目的は主を賛美することと言います。これは自己中心の生き方ではなく、神中心の生き方をするようにいうことを表しています。私たちを暖かく守り導かれる神の愛に気づき、神を賛美する、神中心の生き方に変えられたいと思います。

聖書要約
ハレルヤ、聖所で神を賛美しなさい。神の御力を示す天で神を賛美しなさい。偉大な神の奇跡を思い起こして神を賛美しなさい。ラッパ、十弦の琴、竪琴、タンバリンを打ち鳴らして神を賛美しなさい。シンバルを打ち鳴らして神を賛美しなさい。すべての命あるものはみな、主を賛美しなさい。ハレルヤ。