ホセア書11章 見捨てることができようか


「ああエフライムよ、お前を見捨てることができようか」11:8

くぅ~ママのちょっと一言
アドマとツェボイムはソドムとゴモラが滅ぼされた時に一緒に滅ぼされた町の名まえです。神は正義の神であるとともに、愛の神でもあるので、罪を犯すイスラエルを罰しながらも、滅ぼし尽くすことはせず、み翼のもとに再び呼び戻してくださるのです。
ここは神の正義と愛の葛藤が旧約聖書中最も示された個所とのことです。この葛藤は十字架に示された罰と愛で解決されます。

聖書要約
グッド神の愛
イスラエルが幼かった頃、私(神)は彼らをわが子のように愛し、奴隷の地エジプトから連れ出しました。しかし彼らは呼べば呼ぶほど反逆して偶像の神を慕いました。幼いイスラエルをなにかれと面倒を見て育て、奴隷のくびきを外して食べ物も食べさせたのは私であることを彼らは知ろうとしません。それどころかエジプトやアッシリアを頼り、私の所には帰ってこようとしません。
イスラエルは戦争の渦に巻き込まれました。私が彼らから離れる決心をし、奴隷となる罰を与えたからです。しかし、あ~イスラエルよ、私はあなた方を見捨てることはできません。アドマやツェボイムのように…私はなんとしてもあなた方を助けたい。怒りに燃えることはせず、再び滅ぼすことはしません。私は神であって、人間ではない。あなたたちに内に住む聖なるものであって、滅ぼすために来たのではない。あなた方の敵に獅子のように吠える神にあなた方は従います。私の民は四方からおののきながら戻ってきます。アッシリアから、エジプトから鳥の群れのように、鳩のように戻ってきます。彼らを再び私の家に連れて行きます。これが私の約束です。