創世記7章 戸を閉ざされる主

「それから、主は、彼のうしろの戸を閉ざされた。」創世記7:16

助産師永原のちょっと一言
宗教改革者カルヴァンは「主はノアの後ろで戸を閉ざされた」(16節)のみ言葉を指して、「この一句は軽々しく通り過ぎるべきものではない」と註解しているそうです。雨が降るかどうかもわからないのに、うすくらい箱舟に入り、戸が閉じられてしまうのですから、絶対的な主への信頼がなければできることではありません。しかしこれはその後に来る悲劇から守られる為には必要なことでした。後ろで戸が閉められるような人生の経験、すなわち、自分にとっては好ましくない事を引き受け、後戻りできないような事態に陥った時には、かえって主の守りの中、祝福の中にいれられて、幸いな信仰生活が送れることに目を向けたいと思うのです。

聖書要約
神はノアに箱舟に入るように命じられました。そして「わたしはこの地上であなだただけは私に従う人だと認めた。ノアの家族と動物や鳥や地に這うものなどが一つがいずつ箱舟に入るように。但し、いけにえ用と食用の特別な動物はそれぞれ7つがいずつ、空の鳥も7つがいずつ入れるように」とお命じになりました。7日間の準備の時をおいて、最後にノアが箱舟に乗ったところで、主はノアの後ろで戸を閉ざされました。
40日40夜、土砂降りの雨が降り続き、高い山まで水で覆いかぶさり、舟は水に浮かびました。渇いた地の上で生き、呼吸していた生き物はすべて絶滅したのです。ノアと彼と共に箱舟に入った者だけが生き延びることができました。水は150日の間地を覆いました。