創世記27章 主の祝福を軽んじたエサウ

「「お父さん、祝福は一つしかないのですか。」創世記27:38

助産師永原のちょっと一言
イサクはこの世を去る前に、神からの祝福を次なる担い手に受け継がせる必要がありました。イサクがエサウに祝福を与える段取りをしていることを知った母リベカはヤコブにエサウをだまさせ、祝福を横取りさせたのです。エサウはヤコブにだまされて悔しい思いをします。しかしその原因はエサウにもあるのです。25章で長子の特権をヤコブの作ったシチューと引き換えにヤコブに譲る約束をしてしまいます。またお父さんに「祝福は二つないのですか」と聞きます。エサウが祝福を軽んじていることをうかがわせます。信仰にもつい甘えの気持ちがでることがありますが、神との関係は緊張感と真剣さが伴うものである事を学びたいと思います。

聖書要約

リべカの計略
イサクは年をとり、目がほとんど見えなくなりました。この世を去る前に長男エサウを祝福しようと呼び寄せ、「今から獲物を取ってきて調理して持ってきなさい。私はそれを食べてお前を祝福しよう」と言ったのです。
それを聞いていた母リベカは弟のヤコブに、兄エサウなりすませて、祝福をしてもらおうという計略を企てました。リベカが料理を作り、ヤコブに兄の着物を着せ、毛深い兄に似せて羊の毛衣を手や首に巻きました。
祝福をだまし取るヤコブ
このようにしてヤコブは兄エソウになりすまし、父イサクのところに料理を持っていきました。父は 声はヤコブだが、匂いや毛深さからエサウと思って、料理を食べ、ヤコブを祝福します。
その後帰ってきたエサウは料理を作り、祝福してもらおうと父の元に行きましたが、ヤコブが先に祝福を奪ってしまったことを知ります。「お前には祝福は残されていない。弟に仕える者になる。結局はたもとを分かつことになるだろう。」と父から言われたのです。エサウは声を上げて泣き祝福を求めましたが、適わないことでした。
逃亡の勧め
エサウはヤコブを赦す事はできません。父の亡き後、ヤコブを殺そうと思っていました。そのことがリベカの耳に入り、リベカはヤコブに、ハランにいる兄ラバンのところに身を寄せるように言いました。
ヤコブの出発
ヤコブの出発に際して、リベカはイサクに言いました。エソウの妻達のヘト人たちにはうんざりです。せめてヤコブにはこのあたりの娘とは結婚させたくありません」と。