創世記31章 和解させてくださる主

「「あなたは気をつけて、ヤコブと事の善悪を論じないようにしなさい。」」創世記31:24

助産師永原のちょっと一言
ヤコブは20年間もラバンに仕え、最後は逃亡と言う方法でラバンの家を後にします。しかし神のご介入によりラバンと和解することができます。もし神の働きかけがなかったら、このように簡単に和解にこぎつける事はできなかったでしょう。私たちも人間関係において色々と悩み、また関係回復に知恵を絞りますが、神が働いてくださるという奥の一手を忘れてはいけないと思います。「私たちには奥の一手がある。」ここに希望を持ちたいと思います。ヤコブには次なる課題があります。故郷では仲たがいしたお兄さんが待っているのですから。

聖書要約
ヤコブの脱走
ラバンの息子たちが「ヤコブは父の財産を奪って富を築き上げたのだ」と言い出し、ラバンの態度もよそよそしくなってきました。そのような時神はヤコブに「お前の祖先の国、親族の所に帰りなさい。わたしはあなたと共にいる」と言われました。そこでレアとラケルを呼んでヤコブはこの頃ラバンの態度がおかしいこと、今まで一生懸命働いてきたのに、ラバンは10回も報酬を変えてだましてきたこと、しかし神はラバンの家畜をヤコブのものにして下さったことを話し、さらに神の使いが、家畜の群れが交尾する頃にヤコブに言われたことを話しました。それは「雌山羊と一緒にいるのはしまやぶちの雄山羊だけだ。ラバンのあなたに対する仕打ちは知っている。わたしはべテルであった神です。さあ今、この国を出て、生まれ故郷に帰りなさい」と。それを聞いたレアとラケルは「この国には自分のものはありません。どうぞあなたの神のご命令どおりにしてください」と言いました。そこでヤコブは、ラバンが羊の毛を刈りに出かけている時に、妻や子どもたちをらくだに乗せ、すべての財産を持って逃げ出したのです。その時ラケルは父の守り神を盗み出しました。
ラバンの追跡
ヤコブが逃げたことをラバンが知ったのは3日後でした。すぐに追いかけましたが、ヤコブに追いついたのは7日目でした。その夜、神がラバンに現れて、「ヤコブを一切非難しないように」と言われました。ラバンはヤコブに、娘を戦争の捕虜のようにして、こっそり逃げたのはどういうことか、また守り神を盗むとがどういうことかと言いました。ヤコブは黙って去ったのはあなたが娘達を私から奪うのではないかと心配したからであって、あなたの守り神を盗んではいない、もし盗んだ者がいたら死刑にしますと言い返しました。ヤコブはラケルが盗んだことを知らなかったのです。そこでラバンはヤコブのテント、レアのテントと探しますがありません。ラケルはその間に守り神をらくだの鞍の下にかくし、ラバンがラケルのテントを探しに来た時には、「月のものがあるからと」その上に座り動きませんでした。ラバンはついに見つけることが出来ませんでした。ヤコブは怒ってラバンに、今までの仕打ちについても言い返しました。そして「アブラハムの神、イサクが畏れ敬う方が私の味方でなかったら、あなたはきっと何も持たさずに、私を追い出したことでしょう。」と。
ヤコブとラバンの契約
ラバンはこれからお互いに平和的な関係でおれるように約束しようと言いました。証拠となる石塚をたて、そこをガルエド(証拠の塚の意)と名付けました。また境界線を越えて進入しないようにこの塚が見張るでしょうという意味を込めてミツパ(見張りの塔)とも名づけました。ヤコブは山でいけにえを奉げ、共に食事をしました。

次の記事

創世記32章 主との格闘