創世記33章 変えられたヤコブ

ヤコブは自ら彼らの先に立って進んだ。彼は兄に近づくまで、七回地にひれ伏した。」創世記33:3

助産師永原のちょっと一言
エサウはヤコブを許し、わだかまりのない態度で再会に臨みました。それはエサウのおおらかさからでしょうか。シチューと長子の特権を取り変えたほどの大雑把なエソウの性格を思い出します。一方ヤコブは緊張の中でエサウと再会しました。ヤボクの渡しではすべてのものを渡らせて、最後に自分が残りましたが、今度は先頭に立って、エサウに対面しました。ヤコブは主との格闘の中で変えられていたのだと思います。主に出会った時、人生が変えられるということは多くのクリスチャンが経験していることです。
ヤコブはエサウに許されたことを知りましたが、旅の疲れもあったのか、案内しようというエサウの好意を断り、エサウと反対の方向に向かって行きました。それは「生まれ故郷に帰りなさい」という神の言葉に反し、主から離れてしまったように見えますが、その後、ちゃんとシケムに行って祭壇を築いています。その間の詳しいことは分かりませんが、無事主の約束された所に着き、主に礼拝を奉げることが出来たのです。
神は、私が思い悩んでいる人間的な恐れや事情を超越して、守っていて下さることを心から信頼して安心したいと思います。

聖書要約
エサウとの再会
ヤコブが故郷のセイルの地に足を進めていくと、向こうの方にエサウが400人の者を率いてやってくるのが見えました。ヤコブは最前列に側女とその子どもたち、次にレアとその子どもたち、最後にラケルとヨセフというふうに列を組ませ、自分は一番前に進みました。エサウとの距離が縮まるに従って、ヤコブは深々と頭を下げました。それを7度も繰り返しました。それを見たエサウは駆け寄ってきてヤコブを抱きしめ、涙の再会をはたしました。
エサウが一緒にいる人たちは誰なのか訪ねました。ヤコブは「あなたのしもべである私を神が恵んで下さって与えられた子どもたちです」と答えました。またエサウは私がであった多くの家畜はどういうことかと尋ねますと、エサウへの贈り物であると答えます。エサウは断るのですが、ヤコブの執拗に勧めるので、エサウはそれらを受け取りました。またエサウは先導するから一緒にセイルに行こうと言いますが、ヤコブは子どもや家畜のためにゆっくり後から行くと答えます。道案内を残しておこうというエサウの好意も断ります。そしてヤコブはセイルと反対のスコトに行きます。そこで自分の家を建てて、家畜小屋を作りました。それからさらにカナンのシュケムに到着します。町の外にテントを張り、その土地を銀貨100枚で買取り、そこに祭壇を築いてエル エロイ イスラエル(イスラエルの神のための祭壇の意)と名付けました。