創世記44章 犠牲を負うことを選んだユダ

「ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなた様の奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと一緒に帰らせてください。」創世記44:33

助産師永原のちょっと一言
ユダはかつてヨセフを「殺しても得にもならない。イシュマエル人に売ろう」といって、売り飛ばした張本人でした。ところが今は自分が奴隷になり、ベニヤミンの身代わりになろうとしているのです。それは父の悲しみを思いやれる気持ちからでしょうが、ユダの大きな変化です。このことで兄弟のばらばらになった気持ちが修復し、一つにまとまることになります。
神の大きな計画が遂行されようとしている時ですが、ヨセフのこの不思議とも言える行動に対して、ユダが自らが犠牲になるという判断を下したことで、事態は急展開していくのです。
神さまが私たちに何かをなさろうとする時に、私たちがどう行動を取るかということは大切なことではないかと思います。その行動の基準は、ユダのような、犠牲的な行動であったり、和解、平和をもたらすことを選ぶことではないかと思うのです。

聖書要約
銀の杯
食事も終わり、兄たちがカナンに帰る時が近づいてきました。ヨセフは執事に命じて、それぞれの袋に出来るだけ多くの食料を入れることと、袋の口のところに代金を戻しておくことと、ベニヤミンの袋の中には銀の杯も忍ばせて置くようにしました。兄たちは次の朝、父が待つカナンに出発したのですが、まもなく追っての者がやってきて、銀の杯を盗んだ疑いをかけられます。そして調べたところベニヤミンの袋から出てきたのです。盗んだものはヨセフの奴隷にすると言われた兄たちは承知できません。みんなで再びヨセフのもとに帰りました。。「ベニヤミンだけでなく皆奴隷になります」と言うユダに対して、ヨセフはベニヤミンだけ残すようにと命じました。
ユダの嘆願
ユダはヨセフの前に進み出て、ベニヤミンをどうしても連れて帰らなければ事情をはなします。それは年老いた父が愛していたヨセフがいなくなった後、その実の弟であるベニヤミンが、如何に父の生きがいであるかを説明しました。そしてユダはベニヤミンの変わりに自分が奴隷になるのでベニヤミンは他の兄弟と一緒に帰らせて欲しいと願い出たのでした。