出エジプト記34章 主の栄光に照らされて輝いて生きる

「なんと、彼の顔のは輝きを放っていた。それで彼らは彼に近づくのを恐れた。」出エジプト34:30

助産師永原のちょっと一言
主から賜った十戒が書かれた石の板は、民が子牛の像を作ったのを見たモーセの怒りによって砕かれてしまったのですが、再度十戒が与えられます。34章で書かれている契約の内容は32章で書かれていることと同じです。モーセの顔の光ですが、神の栄光を反映して輝いていたのです。「あなた方は世の光です」とみ言葉にありますが、クリスチャンはこの世で輝いて生きる存在です。しかし本当の意味で人間は自ら輝く事はできないのだと思います。なぜならどんなに華々しく活躍しても、この世のものはすべて時が過ぎれば色あせてきますから。ただ死をも打ち勝つことが出来る永遠の命、そして主からの祝福を頂いて生きる時に、主の栄光に照らされて輝くことが出来るということではないでしょうか。

聖書要約
戒めの再授与
主はモーセに言われました。「前と同じ石の板を2枚持って山に一人で登るように、もう一度前に書いた言葉をその板に記そう。明日の朝モーセが山に登る時、山のどこにも人の姿があってはならず、ふもとでも家畜さえも姿を見せてはいけない。」と。そこで主は民が守るべきことを再度主はモーセに語られました。それは①約束の地に着いたら、そこの住民と妥協して偶像礼拝をはじめ悪習にそまらないように。②神への忠誠と献身を第一として、その地の住民と契約を結んではいけない③除酵祭を守ること④安息日を守りなさい⑤七週祭(刈りいれの祭り)を守ること⑥取り入れの祭りを守ること⑦男子は年に3度主のみ前に出なければならない⑧いけにえの血を酵母を入れたパンと一緒にささげてはいけない⑨過ぎ越しのいけにえは翌朝まで残しておいてはいけない⑩土地の最上の初穂を主の宮に携えて来なければならない⑪小山羊をその母の乳で煮てはならない。そして主はモーセに契約を結ぶと言われたのです。モーセは40日40夜、何も飲食せずに山に留まりました。
モーセの顔の光
モーセが2枚の板を持って山を下った時、神の栄光の光の反映によって光り輝いていたのです。民はモーセに近づくことが出来ませんでした。モーセは主が語られたことを民に告げた後、顔に覆いをかけました。主のみ前に出る時意外は、モーセは顔に覆いを掛けました。