士師記1章 追い出すことができなかった

「しかし、平地の住民は鉄の戦車を持っていたので、ユダは彼らを追い払えなかった。」士師記1:19

助産師永原のちょっと一言
士師記にはカナン征服後、預言者サムエルが登場するまでの数百年のことが記されています。
士師とは「治める」とか「裁く」という意味の言葉から来ています。この時代は律法に不従順であったイスラエルの民が周辺の他の民の圧迫を受けて苦しみ、主に悔い改めて神に訴えると、神が救済者を送ってイスラエルを解放するということが、幾たびとなく繰り返されます。救済者として主に用いられる英雄が士師と呼ばれる人々です。1章の内容はヨシュア記にも出てきます。この記述がヨシュア存命中のことであったか、死後の出来事なのかが分からないのですが、心に留めておかなければならないのは、カナン征服が完全なものではなかったということです。このことから私たちの心の中にも主の祝福を受けながら、かつての罪の心を混在させていることをふと思うのです。このような心をどのようにすればよいのかを士師記で学びたいと思います。

聖書要約
カナン征服
ヨシュアの死後、まず出陣する部族について主に指示を仰いだ結果、まずユダが出陣することになりました。ユダはシメオンの協力の下にカナン人とペリシテ人を打ち破り、アドニ・ベゼク王を捕らえました。アドにベゼク王はこれまで自らがやってきた残虐なことのつけが回ってきたと言いました。さらにエルサレム、低地に住むカナン人や山地やネゲムのカナン人、ヘブロンにいるカナン人、またデビルの町などを攻撃しました。中でもデビルの町を攻撃して占領した者には娘アクサを嫁にすると宣言したのです。そしてカレブの弟の息子オトニエルがその権利を得ました。父は嫁ぐアクサの要求通り、上と下のため池を与えました。ユダがアラドに出陣する時にはモーセの舅の子孫ケニの人々が同行しました。ユダは次々と領土を占領しましたが、平野に住む者たちは戦車を持っていたので追い出すことができませんでした。ヘブロンはカレブに与えられました。エルサレムに住むエブス人は追い出すことができませんでした。ヨセフ族はベテルの町を占領しましたが、占領に協力した家族を逃がしてやりました。マナセもエフライムは先住民を追い出すことが出来ませんでした。ゼブルン部族もダン部族、ナフタリ部族も同様に先住民を追い出すことは出来なかったのです。