士師記7章 主にのみ頼むために

「すると、手で口に水を運んですすった者の数が三百人であった。」士師記7:6

助産師永原のちょっと一言
大軍で戦って勝利したことで、自分の力をおごるようになるといけないので、主は戦う人数を減らされました。大軍で戦うということは戦う前から祈る必要がないわけですから、勝っても感謝が少ないでしょう。しかし本当に心細い状況の中の戦いは主に祈らざるを得ません。祈らずにはおれない状況におかれる事は辛いことですが、そのことで主が共におられることを知ることが出来るならばこれほど幸いな事はありません。「悲しんでいる人は幸いです」というイエスキリストの山上の垂訓の言葉は真実だと思います。

聖書要約
ギデオン率いるエルバアルの軍勢は朝早くハロデの泉まで進みました。対するミディアンの連合軍は帰途のモレの山沿いに陣を敷きました。その時主はギデオンに言われたのです。「兵が多すぎる」と。そして恐れている者は帰るようにと告げると2万2千人が去り、1万人となりました。主はそれでも多すぎると言われ、水辺に兵を連れて行って、膝をついて飲んだものは去らせました。そして残った兵は300人となりました。
 その夜主はギデオンに敵陣に行ってどんな話が交わされているか確かめるようにおっしゃいました。そうすれば力を得るからと。ギデオンは従者を連れてこっそりと敵陣に忍び込みました。すると次のような夢の話をしているではありませんか「大麦の丸いパンがミディアンの陣営に転がり込み我々の天幕に一撃を加えた」と。仲間の者は大麦の丸いパンはギデオンの剣に違いないと言っているのです。力を得たギデオンは300の兵を3つに分けて全員に角笛と松明を入れた瓶を持たせて、深夜敵の陣営をひそかに包囲したのです。そして彼らは一斉に角笛を吹き、瓶を壊して「主のために。ギデオンのために」と叫んだのです。びっくりしたミディアン人たちは右往左往して、同士討ちをし始めました。主がそのようにされたのです。ギデオンはエフライムの山地に使者を送って、ヨルダン川の渡し場を押さえ、逃げてきた兵士、そして二人の将軍も捕らえたのです。