サムエル記第一13章 待てなかったサウル王

「彼が全焼のささげ物を献げ終えたとき、なんと、サムエルが来た。」サムエル記第一13:10

助産師永原のちょっと一言
サウルは王として選ばれましたが、祭司として選ばれたわけではありませんでした。ですから献げものをしてはいけなかったのです。サウルは主の聖なる働きを軽視したことと、ペリシテの大軍に対してイスラエルの軍の劣勢という目に見えることで動揺しました。そのことが主に対する罪でした。
現代では万人祭司と言う考えもありますが、主に召しを受けた聖職者と信徒にはそれぞれ主から与えられた役割の違いがあると思います。聖なる事柄とそれ以外のことをわきまえることは大切なことと思います。そのような秩序も主が与えてくださった知恵だと思います。

聖書要約
ペリシテ人との戦い
サウルは1年でイスラエル全体の王となり、2年後にペリシテに戦いを挑みました。2千の兵をサウルの元に、千の兵をサウルの子どものヨナタンのもとに、後は自宅待機として準備しました。まず、ヨナタンがペリシテの守備隊を打ち破りました。そのことがペリシテの憎しみを買うことになり、ペリシテは大軍を集結させたのです。それを知ったイスラエルの人々は洞窟や岩の裂け目井戸などに身を隠しました。サウルは戦いの準備をしてサムエルが来るのを待ちました。サムエルは7日後に主に献げ物をするために来ることになっていたのです。しかし7日経っても来きません。兵がサウルの元から離れだしました。サウロはサムエルを待てずに、自ら献げものをしてしまったのです。その直後、訪れたサムエルにサウルは「あなたは愚かなことをしました。あなたの王権は長くつづきません」と言われたのです。サウルの兵士はその時600人になっていました。やがてペリシテから3つの侵略隊が放たれました。イスラエル軍はさらに不利なことには、ペリシテ人の策略でイスラエルには鍛冶屋がなかったのです。イスラエルにはサウルとヨナタン以外は剣や槍を持っていませんでした。