サムエル記第一26章 主は見ておられるので

に油注がれた方に手を下して、だれが罰を免れるだろうか。」サムエル記第一26:9

助産師永原のちょっと一言
24章の記述とよく似た出来事です。サウルは24章でもダビデに誤り、危害を加えないと言いましたが、同じことを繰り返しています。ダビデにとっては何度も命を狙おうとするサウルに仕返しをする2度目の絶好のチャンスがやってきたわけです。部下もサウルの命を奪うことを勧めます。しかし、ダビデはまたしてもサウルを許し和解をしようとします。ダビデがサウルに危害を加えなかったのはサウは主が選ばれた王であるからでした。クリスチャンの生き方も人と平和に暮らすことを大切にします。自分に危害を加える人に対しても!…です。本来ならそのようなことはとてもできることではありません。それを可能にするのは「その人も主は愛されている大切な人」という視点に立つことです。もし「どうしても許せない」「言われたことやされたことを忘れることができず心が痛い」というようなことがあれば、ダビデがサウルに対して取った行動を思い出したいと思います。またイエスキリストは私たちに7度の70倍(無限に)人を許しなさいと教えてくださったことも思い出して、それらの痛みから解放され笑顔を取り戻したいと思います。人に対し、主に対して真実に生きている者を主はよくご存じですから。

聖書要約
ダビデ、サウルを寛大に扱う
ジフ人からダビデがハキラの丘に隠れていると聞いたサウルは3000人の精兵を率いてダビデ討伐に出かけました。ダビデはサウルの陣営に、部下のアビシャイと共に忍び込みました。サウルも王を守るアブネル将軍はじめ、兵士たちも全員ぐっすり眠り込んでいました。アビシャイはダビデにサウルを殺すチャンスであると進言しますが、ダビデは「主が油注がれた者に手をかけてはいけない。主は生きておられる。主がサウルを打たれるだろう」と言って、サウルの枕元にあった槍と水差しを持ち帰りました。誰にも気付かれることはありませんでした。主がぐっすり眠らせてくださっていたからです。ダビデは向こう側の山の頂からアブネル将軍に向かって「主に油注がれた王を守れないとは死に値するぞ。水差しと槍を探してみよ」と言いました。その声を聞いたサウルは「その声はダビデか」と声をかけました。ダビデはサウルに身の潔白と忠誠を語りました。サウルは自分の間違いを認め、二度と危害を加えないと誓い、そしてダビデの祝福を祈り帰っていきました。