サムエル記第一27章 立ち位置を間違えたダビデ

「ペリシテ人の地に逃れるよりほかに道はない。」サムエル記第一27:1

助産師永原のちょっと一言
「主は生きている」と証し、「主が戦ってくださる」ことを信じ、自分が手を下さなくても「主が裁かれる」ことを知っていたダビデですが、ここではサウルを恐れて、敵国の王に頼ったことが書かれています。王から土地を与えられると言う事はその国のために戦うということですから、イスラエルと反目しあう立場に立つことになります。ダビデは立ち位置を間違えたのです。ダビデは神の側に立つべきだったのです。私たちも目の前のことで心が大きく揺さぶられる時、何かの方策を考えます。自分の出来る最善を尽くす事は大切だと思いますが、立ち位置を間違えてはいけないのです。神のご支配の中にいるかどうかいつも確認しなければならないと思います。

聖書要約
アキシュのもとに滞在するダビデ
サウル王と和解したダビデでしたが、またサウルに命を狙われるのではないかと思い、イスラエルにとっては敵国のペリシテのガドの王アキシュを頼って妻や兵士、その家族と共移りました。そのためサウルは二度とダビデを追跡しませんでした。ダビデはアキシュ王に田舎町のツィグラグに住ませてほしいと願います。その間は1年4ヶ月でしたが、ダビデは度々イスラエルと敵対していたゲシュル人やゲゼル人、アマレク人を襲いました。ダビデは襲ったなら皆殺しにし、金品を略奪したのです。そしてアキシュの元に戻り、ユダのネゲム地方などを襲ったとうその報告をしました。誰もダビデがしていることを通報する者はいませんでした。アキシュはダビデは祖国から嫌われたので、いつまでも自分の僕でいるだろうと思ったのです。