列王記上9章 砕かれた心


「この地とこの神殿に、主はなぜこのような仕打ちをされたのか」9:8

くぅ~ママのちょっと一言
主の言葉ははっきりしています。どんなにりっぱな神殿よりも、主に誠実に従うことを望んでおられるのです。7年もの歳月をかけて素晴らしい宮殿を建築して、主に献げたソロモンの心を主はお受け取りになりましたが、もし主から離れるようなことがあれば、そのような神殿はなんの価値もなく廃墟となるといわれるのです。
私たちの信仰も形ばかりになったり、惰性になったりしたときには主から同じ言葉を頂くことになるでしょう。本当に砕かれてた心で主に向かって、心から礼拝を捧げる者でありたいと思います。

聖書要約
主の顕現
ソロモンが神殿と宮殿を建築した後、主がソロモンに現れて語られました。「わたしはあなたの祈りを聞いた。この神殿に絶えず目を向け、心を寄せる。但し、父ダビデのように誠実に歩み、おきてと法を守るなら、イスラエルの王座につく者は絶えることはない。しかし、私に背き、教えを捨てて他の神々を拝むなら、与えた地から追い出し、神殿を廃墟と化す。」と。
ソロモンの業績
20年がかりの建築に協力したヒラムにソロモンは20の町を送りましたが、ヒラムは送った金に見合わない荒地であるとこの町々を気に入りませんでした。
ソロモンは神殿と宮殿のほかにもミロの要塞、エルサレムの城壁などを築きました。ゲゼルはエジプト王が征服した町ですが、ソロモンに嫁がせた娘に結婚の贈り物として与えた土地でした。ソロモンは戦争で征服した町の人々を労働者にしましたが、イスラエルの人々を労働力しては扱いませんでした。
王は年に3度祭壇にいけにえを献げました。
またソロモンは紅海に面した町に造船所を作りました。ヒラムは熟練した水夫を差し向け、そのお陰で多くの金がソロモンの元に集められました。