列王記上15章 主の目に適う正しいこと


「アサは、祖父ダビデと同じように主の目に適う正しいことを行い…。」15:11

くぅ~ママのちょっと一言
北王国と南王国の王が互いに関連付けながら紹介されています。王の名前と王位の年数とその時の北南、双方の相手側の王の名前、そして神の前にどう生きたかということが必須項目として記されています。
私の死後、もしその人生を言いあらわすとしたらどんなことが挙げられるでしょうか。この世に生まれた日、この世を去った日、主からお預かりした二人のわが子をとにかく一生懸命育てたこと。そして一番大事なのは私自身がどのように生きたかということだと思いますが、それは学歴、職歴などで表されるものではなく、人に対してどう生きたか、また神の前にどう生きたかということが大切なことのように思います。「主を悲しませるような場面もいっぱいあったけど、いつも主の前にざんげし、人と仲良く暮らし、いつも主に忠実に従おうと生きてきました。」と言えるような生き方が出来ればなあと思います。

聖書要約
ユダの王アビヤム
北王国イスラエルではヤロブアムが王になって18年目、南王国ユダではレハブアムに代わってその子アビヤムが2代目の王となりました。アビヤムは3年間王位にありました。母の名はマアカ。アビヤムも父を同様、主に従わず罪を犯しました。しかし主はダビデ故にダビデの家系を絶やす事はなさいませんでした。ダビデはウリヤの事以外では全て神に従った王だったのです。
ユダの王マアサ
北王国のヤロブアムが王になって20年目、ユダではアビヤムに代わってアサが王位につきました。母の名はマアカ。アサは父や祖父とは違い、主の目にかなう正しいことをしました。神殿男娼を追放し偶像を壊し、偶像を作った母マアカも退けました。しかし聖なる高台を取り除く事はしませんでした。朝とイスラエルの王バシャとの間には戦いが絶えませんでした。アサが死んだ後、ヨシャファトが王となりました。
イスラエルの王ナダブ
ユダ王国でアサが王になって2年目に、北王国ではヤロブアムの子、ナダブが王となり2年間国を治めました。ナダブも父と同様悪の道を歩んだ王です。ナダブは謀反を起こしたバシャによって殺されます。バシャはヤロブアムに属する者を全て滅ぼしました。アヒヤの預言通りです。
イスラエルの王バシャ
ユダのアサが王になって3年目にイスラエルではバシャが王となります。バシャはヤロブアムの道を歩み、主の目に悪を行ったのです。