列王記下3章 モアブとの戦い


「しかし、アハブが死ぬと、モアブの王はイスラエルの王に反旗を翻した」3:5

くぅ~ママのちょっと一言

モアブと連合軍(イスラエル、ユダ、エドム)の戦いは主の言葉どおりモアブの地を石で埋め尽くし、連合軍の圧倒的な勝利でしたが、モアブの王がモアブの神ケモシに人身犠牲を捧げたため、イスラエル人はモアブ人への激しい怒りのために戦意を失ってしまい、退去を余儀なくされます。この事は19世紀初めに発掘されたモアブの碑文に書かれており、現代ルーブル博物館に所蔵されているそうです。モアブの王が神ケモシの助けによりイスラエル人に勝利を収めたとされています。
人類の歴史は戦いの歴史であるとつくづく思います。地球に戦いのない平和な時が一時でもあったでしょうか。地球のどこかで戦いが繰り広げられているのが現実です。支配する国やされる国、また豊かな国と貧しい国などの差がなくなり、地球に住む全ての人が笑顔で暮らせる日がやってくることを願います。人間は宇宙で暮らせるほどの素晴らしい知恵を持っています。その知恵が神の愛に根ざしたものであり、自分より他者の幸せを願って用いられる時に人類の「しあわせの時計」が動き始めるのではないかと思います。

聖書要約
イスラエルの王ヨラム
ユダではヨシャファトが王になって18年目にイスラエルではアハブに代わってヨラムが王になりました。ヨラムは12年間王位にありましたが、父母ほどではないまでも偶像礼拝の罪を犯し続けました。
そのイスラエルに長年10万匹の小羊と10万匹分雄羊の羊毛を貢物として納めていたモアブの王はアハブ王が死ねとイスラエルに反旗を翻しました。
ヨラム王はイスラエル軍を招集してモアブを攻めようと考えました。ユダのヨシャファトにも協力を得、エドムからの援軍も加わって、荒野の道を7日間進んだのですが、そこで家畜の飲み水が底をついたのです。ユダのヨシャファトが「預言者がいたらどうすればいいか分かるのに」と言うと、ヨラムはエリシャがいることを思い出し、3人の王はエリシャを尋ねて行きました。エリシャはヨラムに「あなたのご両親が信じた偽預言者に聞けばいいのに」と皮肉を言いながらヨシャファト王に敬意を払い、主のみこころを伝えたのです。それは「涸れたた谷に溝を掘ると水があふれる。しかしそんな事は主の目には小さいことである。主はモアブをあなたたちの手にお渡しになる。モアブの良い地を石ころで台無しにする」というのです。その言葉通り、翌朝あたり一面が水で覆われました。戦闘準備をしたモアブ人は太陽が水面を真っ赤に照らしているのを見て、敵が同士討ちをして血を流していると思い込み、戦利品を奪おうとイスラエル陣に攻め込んだとところ、イスラエル人がモアブ人を迎え撃ったのです。町を破壊し、肥沃な耕地に石が投げ込まれ、木は倒されたのです。モアブの王はエドムの王に向かって突進しましたが果たせませんでした。この困難な状況を打開しようとモアブの王は城壁の上で自分の長男をモアブの神に焼き尽くすいけにえとしてささげたのですが、そのことでモアブ人に対してイスラエル人は激しく怒り、自国に退散しました。