列王記下10章 金の子牛を退けなかった


「ただ、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムの罪から離れず、べテルと段にある金の子牛を退けなかった。」10:29

くぅ~ママのちょっと一言
イエフは主の言葉の実現のために用いられ、そして大胆な宗教改革によりバアル信仰を一掃したのです。しかしヤロブアムの罪を離れる事は出来なかったのです。ここまで熱心に主に忠実に従ったのに、なぜという気持ちがわいてきます。
しかし現代の私たちもここまであからさまに偶像礼拝をする事はないにしても、日々自分の中にある罪を認めざるを得ません。心の中にある怒り、嫉妬、敵意、利己心など自己中心の思いにどうしても打ち勝つことが出来ない自分がいます。一方では主に祈り、礼拝を捧げ、熱心に主を求めているにも関わらず、です。自己中心の罪から離れられない私たちですが、そこからの解放は、まずそれらが主にたいする罪である事を自覚することだと思います。そしてこの私の罪が赦されるために、イエスキリストは十字架に架かられたことを信じることです。そしてイエスキリストに従って生きていこうと決心することなのです。

聖書要約
イエフはさらにサマリヤにいるアハブの子供70人を町の有力者の手によって殺害しました。イエフは全ての民に言いました。「主がアハブの家に対してお告げになった主の言葉は一つも地に落ちる事ことはない。主はその僕エリヤによってお告げになったことを実現された」と。またイエフがサマリヤに向かう途中であったアハズヤの身内の者達をも全て殺したのでした。その後イエフは主に忠実なレカブの子ヨナダブと共にサマリヤに行きました。そこでイエフはアハブの一族を絶滅させたのです。そして民に「私はアハブ王よりバアルを熱心に信仰している。バアルの預言者や祭司は全員集まるように、盛大に祭りをしよう」と言いました。これはイエフの計略で、集まってきたバアルに仕える者たちを皆殺しにしたのでした。イエフはイスラエルからバアルの痕跡を完全に取り除きました。しかしベテルとダンにある金の子牛の像を取り除く事はせずそれを拝み続けたのです。
主はイエフが主の命令どおりアハブ家を滅ぼしたことにより、4代目までイスラエルの王としようとおっしゃってくださったのです。しかしイエフは心から主に従おうとはせず、ヤロブアムの金子牛像を拝み続けました。主は少しずつハエザルの侵略という形でイスラエルの領土を削り取られていきました。イエフは28年間王として国