歴代誌第一25章 主に向かって賛美を


「れらはみな、その父の指揮下にあって、シンバル、琴、竪琴を手に、の宮で歌を歌い、王の指揮下に神の宮の奉仕に当たる者たちである。」歴代誌第一25:6

助産師永原のちょっと一言
アサフ、エドトン、ヘマンはレビの3人の子供であるゲルション、ケハテ、メラリの子孫です。それぞれの家庭は父の指導で、主を讃美したと書かれています。ヘマンの家族は女の子も加えられたと書かれています。
主に向かって家族の心が一つになって、家族で讃美ができることはなんと素晴らしいと思います。音楽は平和の力、信仰の力だと思います。

聖書要約
詠唱者
ダビデと将軍達は琴と竪琴とシンバルの伴奏で預言する者をアサフ、ヘマン、エドトンの各グループから選び、役割を与えました。
アサフらの子たちは王の指示で預言するアサフの指示に従いました。
エドトンの子たちは琴の伴奏で讃美する責任者エドトンの指示に従いました。
ヘマンの指揮下に置かれたのは彼の子達で男子14名、女子3名で、シンバルや竪琴、琴の伴奏で父の指導のもとで歌いました。
彼らはみんな主に向かって歌う為の訓練を受け、皆が熟練した者でした。彼らの数は288人で、くじによって24にグループに分かれ、それぞれの努めの順番が決められました。