歴代誌下12章 主以外の者に仕えるとは


「…わたしに仕えることと他の王国に仕えることとの違いを知るようになる」12:8

くぅ~ママのちょっと一言
主は主の前にへりくだったレハブアムを滅ぼすことはされなかったのですが、「わたしに仕えることと、地の王国に仕えることの違いを知るようになる」と言われました。確かに主に仕え、主から祝福をいただいたときのエルサレムと、主から離れたことによって地の王に仕えることになったエルサレムとでは、何百もの金の大盾小盾と、青銅の盾に象徴されるようなものではないかと思います。それは物質的なことだけでなく、主の愛の行き届く所と主の愛からもれた所の違いでしょう。
父ソロモンは異教の女性を多く妻としました。レハブアムの母も主を知らない女性でした。母の精神的活動がいかに子どもに影響するかを語っていると思います。

聖書要約
エジプト王シシャクの攻撃
レハブアムは人気が増し、力がつくと神から心が離れてしまいました。国民も王に習って罪を犯すようになっていきました。レハブアムの治世5年目にエジプトのシシャク王が戦車1200台、騎兵6万人で攻撃をしてきました。要塞の町々が占領され、エルサレムまで攻め上ってきました。預言者シェヤマがレハブアムに主の言葉を告げます。「あなたたちはわたしを捨てた。わたしもあなたたちを捨て、シシャクの手に渡す」と。王たちは「主は正しい」とへりくだったので、主は彼らを滅ぼされませんでした。しかし主は「彼らはシシャクに仕える者となり、わたしに仕えることと、地の王国に仕えることの違いを知るようになる」と言われました。エジプトのシシャクはエルサレムに攻め上り、王宮と神殿の宝物庫からうばい、ソロモンが作った金の盾も奪っていきました。レハブアムは代わりに青銅の盾を作りました。
主はユダと徹底的に滅ぼす事はされず、レハブアムも勢力を回復して17年間国を支配することが出来ました。レハブアムの母はナアマと言い、アンモン人でした。レハブアムは結局のところ、心から主を求める事はなかったのです。レハブアムとヤロブアムの間でも争いが絶えませんでした。レハブアムの死後その子アビヤが王となりました。