歴代誌下26章 神の驚くべき助け


「ウジヤ王は、神の驚くべき助けを得て勢力ある者となり、その名声は遠くまで及んだ」26:15

くぅ~ママのちょっと一言
ウジヤ王は列王記下14章でアザルヤとして書かれていますが、これほど詳しい記事ではありませんでした。また、イザヤ6章が「ウジヤ王の死んだ年」から始まります。あのイザヤの召命の箇所で、絶大なる繁栄と平和の時代を築いた王が死んだと言う衝撃の言葉として書かれているのです。それ程内外に力を示した王ですが、思いあがって主のみ前に謙遜になることを忘れてしまった時に主は彼を打たれます。
とんとん拍子にことが進む時、大きな評価を得たとき、つい調子に乗って、自分がえらくなったように思いがちですが、そんなときこそ、主が与えてくださった恵に感謝したいと思うのです。「主よ、感謝!」と何度も主を見上げながら一日を送りたいと思います。

聖書要約
ユダの王ウジヤ
ウジヤは16歳で王となり、52年間王位にありました。母はエルサレムの出身で、彼は父が行ったように主の目に適う正しいことをしました。彼が主を求めている間は主は彼を繁栄させられました。ペリシテのみならず、アラブ、メウニムとの戦いでも勝利しました。ウジヤの勢力はこの上もなく増大したのです。またウジヤ王はエルサレムの城壁を補強しました。井戸を掘り多数の家畜が飼われ、肥沃な地では農耕が盛んでした。軍備にも力をいれ兵士の数だけではなく、武器や新しい兵器の発明もしました。ウジヤ王は主の驚くべき助けを得て勢力は増し、名声は遠くまで及びました。
しかし王は勢力が増すと思いあがって、ついに主から心が離れていったのです。王が祭壇の香をたこうとしたとき、祭司がそれは祭司の仕事であると指摘したのですが、王はそれに従わず、逆に怒りを発しました。その瞬間に王の額には重い皮膚病が現れたのです。主が彼を打たれたのです。王は死ぬまで隔離された家に住みました。その子ヨタムが王となりました。