歴代誌下31章 献げもの多さは主の祝福の大きさ

「主はその民を祝福してくださいました。」31:10

くぅ~ママのちょっと一言
民が与えられたものの十分の一を祭司レビ人のところに携えてきました。それは山のように積み上げられました。有り余る献げ物を前に、祭司長は「主はその民を祝福してくださいました」と王に報告しました。
確かに主からいただいたものの中から十分の一を献げるのですから、献げ物の多さは主の祝福のバロメーターと言えます。そして沢山献げるとまた主からの祝福をいただくことが出来るのです。
惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。(Ⅱコリント9:6)

聖書要約
ヒゼキヤの改革
過越祭を祝ったあと、民は町々にある石柱やアシュラ像、異教の施設を破壊して、それぞれの家に帰って行きました。
ヒゼキヤは祭司とレビ人を組み分けして奉仕にあたらせました。王は自分の財産から律法に記されているとおり、朝夕の献げもの、安息日、新月祭、その他の祝祭日の献げものを献げました。また王は民に祭司とレビ人のところに十分の一の献げものをもってくるように命じました。それは山のように積まれました。この献げものは3月から始まって7月まで続きました。祭司長のアザルヤは献げ物があまってしまうほど主が祝福してくださっていることを王に報告しました。王は神殿に倉庫を用意することにしました。これらの物は祭司やレビ人に忠実に分配されたのです。