エステル記6章 主が味方している民の前に

「モルデカイはユダヤの血筋の者で、その前で落ち目になりだしたら、あなたにはもう勝ち目はなく、あなたはその前で落ちぶれるだけです」6:13

くぅ~ママのちょっと一言
ハマンとモルデカイの形勢が逆転します。王が夜眠れずに王宮日誌を見ようとしたことや、そこに書かれているモルデカイの功績に目を留めたことは単なる偶然ではなく、神のご支配の中の出来事と見るべきでしょう。私たちの目には不思議と思うようなことや、思いもよらないようなことを主は実現してしまわれます。マリアが告白したように「神には何でも出来ない事はありません」この信仰に立って、主の成されるみわざをしっかりと心に留め、証する者でありたいと思います。またハマンの親友がユ「ダヤ人の血筋の者の前で落ち目になりだしたら、もう勝ち目はない」と言ったのは、ユダヤ人が神に守られている民であることを認めた発言なのでしょう。

聖書要約
モルデカイ、王から栄誉を受ける
エステルが催した祝宴のその夜、王はなかなか眠れません。宮廷日誌を持ってこさせて、読み上げさせていると、前にモルデカイが王の暗殺を未然に防いだことが書かれていました。王はこのことでモルデカイに何も褒美を与えていないことに気付きました。
ちょうどその時、モルデカイを木に吊るすように王に進言しようと来ていたハマンが王に呼ばれます。そして王はハマンに「王が名誉を与えようとする者には、何をすればいいだろう」と尋ねたのです。ハマンは自分のことだと勘違いし次のように言ったのです。「王の服を着せ、王の馬に乗せて、王冠をかぶらせて、王の高官に手綱を引かせて、都の広場で「王が栄誉を与えようとする者に、王はこのようにされる」と触れさせてはどうでしょうか」と。王はすぐさま「モルデカイを連れてきてそのようにしてやりなさい」とハマンに言いました。ハマンはそのようにするしかありません。家に戻ったハマンは妻と友人達にいきさつを話しました。一同は知恵を出し合いましたが、「モルデカイはユダヤ人の子孫です。あなたに勝ち目はなく、落ちぶれるだけです」と言います。このように言っている時にエステルの酒宴にくるように王の使いがやってきたのです。