箴言19章 弱者を憐れむことは


「弱者を憐れむ人は主に貸す人。その行いは必ず報いられる」箴言19:17

くぅ~ママのちょっと一言
「弱者を大切にすることは神さまに貸すことになる。」17節は「天に宝を積む」の表現と良く似ていると思います。
21節に書かれている、私たちには色々な計画がありますが、神さまのご計画が優先されることを知っておきたいと思います。

聖書要約
1貧しくても正直に生きる方が、不誠実な生き方より幸せです。2知識がないのに欲して、突っ走るのは失敗の元
3人は無知ゆえに失敗する。しかもそれを神のせいにする
4金持ちには友が沢山いるが、貧しい者に寄りつく人は少ない
5嘘をつけば罰せられ、逃げおおせることはない
6身分の高い人や気前のいい人は多くの人に好かれる
7貧しい人は兄弟からそっぽを向かれます。友達ならなおさらです。
8戒めを守って、知恵を得た人は自分自身の命を大切に考えるので幸いを見出だします
9嘘をつけば罰せられ、その先は滅びです。
10愚か者が成功し、主人をこき使うようになることなどない
11忍耐する人は成功する。侮辱されてもこらえることができるので、信用を得る。
12王の怒りはライオンの唸り声のように恐ろしく、王の優しい言葉は草に滴る露のように気持ちいいものです。
13背く子どもは父を破滅させ、文句ばかり言う妻は滴り続ける雨漏りのように我慢ならない
14父が残せるのは家と財、神の贈り物は利口な妻
15怠け者が眠りこけているとそのうち飢えて死にます
16神の命令を守る者は命を守る人。無視する者には死が待っています。
17貧しい者、弱い者を大切にするのは、神に貸すのと同じです。神様がそれに報いてくださいます。
18まだ望みのある内に子どもに諭しなさい。放っておくと一生を台無しにします。
19短気な者は失敗する。助け舟を出しても短気をあおるだけ
20忠告は出来るだけ聞いて賢く生きなさい
21人は心に多くの計画をたてますが、その成り行きを決めるのは神さまがされることです
22欲望や欺きの生き方よりつつましく親切に生きる方がいい。
23主を畏れる人は命を得て、幸せに生きることが出来る
24怠け者は目の前に食事があるのに、それを口に入れようとしない
25人をバカにするような者を懲らしめれば、あまり考えない人も少しは考えるようになる。賢い人に訓戒を与えれば、知恵が増して他の人の知恵も増える
26親に乱暴を振るう子は恥じるべき子です
27わが子よ、諭しに聞き従いなさい。さもないとたちまち道に迷ってしまうでしょう。
28偽証人は裁判を侮辱し、神に逆らう者の口には悪がある。
29法律を守らない者は厳しく罰せられます。

次の記事

箴言20章 欺き取ったパン