箴言20章 欺き取ったパン


「欺き取ったパンはうまいが、後になって口は砂利で満たされる。」箴言20:17

くぅ~ママのちょっと一言
どのように生きていくのが幸いなのかを短い言葉でつづられています。
17節は、だまして得たものはその時は嬉しいかもしれませんが、後になって自分を苦しめることになると教えています。24節は主にゆだねることを、27節は主の灯に照らされると心の中まで明るみにされることを教えてくれています。

聖書要約
1酒を飲むと気が大きくなり、騒ぎを起こしかねません。酒に飲まれて失敗するのは愚か者です。
2王が起こるとライオンが吠えるよう。怒りを買うと命の危険があります。
3争いを避けるのは名誉。無知な者はケンカ好き
4冬の内に耕しておかないと、収穫はありません。
5思慮深い人は人が心で思っていることをうまく引き出す
6親友と呼ぶ人は多いが本当に信頼できる人はどれほどいるでしょう
7主に従う道を歩むことが幸いをえることを教わった子どもは幸せです
8裁きの席に付く者は鋭い洞察力で真実と嘘とを見分けます
9「私は心を入れ替えたから、潔白だ」と誰が言いきれるでしょうか
10主は偽りの秤を用いてごまかすことを嫌われる
11子どもの行動を見れば清い心かどうかわかる
12目が見え、耳が聞こえることを感謝しなさい
13眠ってばかりいると貧しくなり、食べることにもこと欠くようになります
14買うときは「こんな物がなぜこんなに高いのか」と言うが、買ってしまうと掘り出し物を自慢する
15知識は金や宝石より素晴らしい。
16見ず知らずの人の保証人にはなるな
17だまして取ったパンはうまいが、後で口の中で砂利に変わります。
18計画を立てるときは人の意見をよく聞き、戦いを始めるときは力を整えてからにしなさい
19秘密をばらす者、中傷し歩く者とは親しくなるな
20親を呪う者は死に値する
21思わぬ大金が転がり込むとかえって不幸になることがあります。
22悪いことをされたからと言って仕返しをしてはいけません。神さまが良いようにしてくださいます
23神はごまかしや、嘘が嫌いです
24神が共にいてくださるのですから、余計なことは心配せずに神に任せなさい
25神に軽々しく誓いを立ててはいけません。後で大変な目に遭います
26賢い王は神に逆らう者を厳しく罰します。
27主の灯は心の中を照らして、隠れた思いを明るみに出す
28正しく思いやりのある王が治める国は何があっても揺るがない
29若者のいいところは若さ、老人の素晴らしさは豊かな経験
30体罰は二度と悪いことをしないようにと教えるためです。