箴言22章 主はすべての人をお造りになられた


「金持ちと貧乏な人が出会う。主はそのどちらも造られた」箴言22:2

くぅ~ママのちょっと一言
聖書では「貧しい」という言葉がよく出てきますが、いくつかの意味ががあるようです。怠け者という意味で使われることもあるし、正しい人という意味の時もあります。2節の貧しい者とはこのどちらでもなく、生まれながらに貧しい人を指しているとのことです。色々な良いもの(長所)を主から頂いて私たちは生きています。他の人を見るて比べてしまうことがありますが、主の目から見たら同じ価値ある命なのです。なぜなら、すべてのものは主のものなのですから。

聖書要約
1富みより名誉や品位を大事にしなさい。
2富める者も貧しい者も神の前では同じです。どちらも神がお造りになったのですから。
3注意深い人は災難対して防備するが、考えの足りない人は無防備です。
4神のみ前に謙遜に生きる人は富も名誉も命も得る
5神にそむくと困難が待ち受けています。自分を大切に考えるなら困難から遠ざかるために神にもっと近づくべきです
6子どもの時に正しい生き方を教えておけば、年取ってからもそれることがありません。
7貧しい人が金持ちに頭が上がらないように、お金を借りたら、借りた人に頭が上がりません。
8悪いことをする人は災いに遭ってもしかたありません。その傲慢は鞭で打たれるでしょう
9親切な人は人にパンを分け与えるので、神からの祝福を受けます
10人をバカにする者を追い出さば、皆仲良く暮らせ、争いや蔭口もなくなる
11清い心は良いことを語り、王の方から友になってくれます
12神は正しい人を守り、悪人を滅ぼされます。
13怠け者は「外にライオンがいるから仕事にいけない」と言い分けします
14売春婦は危険な罠です。神から離れた者はやすやすと引っかかります
15若者は物事をあまり知りませんが、よく教えれば、わかるようになります
16弱者から搾取したり、わいろを使って得た者はすぐになくなる
賢者の言葉(1)
知恵ある人の言葉に耳を傾けよ。それは自分のためになるばかりでなく、人に教えることも出来ます。今日私の真理とまことの教えをあなた方に伝えよう。弱い人、貧しい人から搾取してはならない。主は見ておられ、罰せられるでしょう。すぐに腹を立てる者に近づいてはならない。魂の滅びの罠に罹らないために。軽々しく人の保障人になってはいけない。寝床まで持っていかれることになるから、。昔からの地境を移してはならない。先祖が決めたものだから。技術が熟練した者を見習え、そのような人は正し道が何であるかを知っているから。