箴言30章 貧しくもせず、金持ちにもせず。


「貧しくもせず、金持ちにもせず、わたしのために定められたパンでわたしを養ってください」30:8

くぅ~ママのちょっと一言
アグルが誰なのかは不明だそうです。そしてどこまでがアグルの言葉なのかもわからないそうです。10節と11節は独立した格言としてとらえ、その後は4つ5つと同類の物を挙げています。
最初の「貧乏にも金持ちにもしないでください。」ということと、その理由が書かれています。本当に必要なものが与えられて、謙遜で、喜びを持って、みんなと仲良く生きるのが、一番の幸せなのだと思います。

聖書要約
1アグルの言葉
アグルの言葉です。
神さま、私は疲れてしまいました。それに人間の資格もないほどの大バカ者です。私は神さまのことも分かりません。風を、海を、地を定めた方がいるとしたら、どこのだれと言うのですか。
神さまは本当のことしかおっしゃりません。頼るものを守ってくださいます。神の言葉に付けたしたりして嘘つきと言われないようにしなければなりません。
私はあなたに二つのことを願います。一つは私が決して嘘をつきませんように。それから、私を貧乏にも金持ちにもせず、ただ生きていくのに必要なものだけを与えてください。ぜいたくのあまり神を忘れたり、貧乏のあまり盗みを働かないためです。
10雇い主に従業員の悪口を言ってはいけません。そんなことをするとあなたは憎まれるだけです。
11親を呪い、悪いことばかりしているくせに、自分は欠点がないと、自分の罪は知らんぷり。高慢でおごった者たちが、貧しい物を食い物にしようと研ぎ澄ましている時代です。
15蛭のようにしつこく、満足しないこと4つとは、地獄、不妊の胎、砂漠、火
18どんなに考えても分からないこと5つとは、なぜわしは大空を飛べるのか、なぜ蛇は岩の上を這うのか、なざ船は海を横切るのか、なぜ男女に愛が芽生えるのか、そして売春婦は罪を犯しながら、なぜ居直るのか
21地が震えるほど嫌なこと4つとは、奴隷が王になること、神を知らぬものが満足すること、嫌われ者の女性が結婚すること、奴隷が女主人になること。
24体は小さくても頭のよさでは負けないものが4つあります。食料を集める蟻、岩間に隠れて身を守る岩たぬき、指導者がいないのに隊を組むいかなご、王宮にするやもり。
29堂々としているもの4つとは、ライオン、くじゃく、雄山羊、軍隊を指揮する王。
得意になって悪いことをする者は少しは恥ずかしいと思いなさい。
33乳脂を絞るとバターになり、鼻を絞ると血が出るように、怒りを絞ると争いになる。

次の記事

箴言31章 主を畏れる女こそ