エゼキエル書1章 水晶のように輝く大空があった


「生き物の頭上には、恐れを呼び起こす、水晶のように輝く大空のようなものがあった」1:22

くぅ~ママのちょっと一言
エゼキエルと言うのは「神が強くする」という意味だそうです。バビロン捕囚に連れて行かれた5年目に神の召命が与えられます。捕囚の異教の地で主の言葉を語るためか黙示的な表現が使われています。ですから表現にとらわれず、語ろうとしていることが何かを理解しなければならないのです。1章は異教の地にあっても主はイスラエルの民に中に臨在してくださっていると言うことが書かれています。生き物の4つの顔である人間、獣、家畜、鳥は地上に生きる物の代表として表現されています。その上に主が君臨されている様子が描かれています。周囲がどんなに悪なるものに囲まれようとも、天には神がご臨在くださり、私たちを支配しておられることに心を留めたいと思います。

聖書要約
グッドエゼキエルの召命
私(エゼキエル)はブジの息子で祭司でしたが、バビロンの捕囚の民として連れて来られ、ケバル川のほとりに住んでいました。ヨヤキン王が捕囚となって第5年目のこと、突然、天が開いて神の幻を見たのです。私が30歳のことでした。北の方から燃える火のような巨大な雲を先頭にした激しい嵐が私を目がけて突進してきました。それは琥珀金のような輝きがありました。その中に4つの生き物の姿がありました。人間のようなそれには4つの顔があり、4つの翼を持ち、脚はまっすぐですが足の裏は子牛のひづめのようでした。またそれぞれの翼から人間の手が出ていました。顔は正面が人間、右はライオン、左は牛、後ろは鷲でした。生き物は稲妻の光のように素早くあちこちと突き進んでいました。4つの生き物の下に車輪があるのが見えました。丸い車輪に直角にもう一つの車輪が交差し、向きを変えなくてもどこにでも自在に行くことが出来ました。生き物の上の大空は水晶のように輝き、美しさは言い表すことはできませんでした。翼を広げて飛ぶ時には神の声か、大軍勢のような響きでしたが、翼が止まる度に頭上の水晶のような大空から声がしました。そこには玉座があり人間に似た方が座っていたのです。それは青銅の輝き、腰から下は炎に包まれ、その方の周りには虹のような輝きがありました。このように神の栄光があらわされたので、私はひれ伏し、わたしに語りかけられる声を聞いたのです。