ダニエル書12章 命の書に記された人々


「しかし、その時には救われるであろう。お前の民、あの書に記された人々は」12:1

くぅ~ママのちょっと一言
ダニエルは終わりの時のことを知らされます。命の書に名前が記されている神の民は迫害に耐え忍ぶことができ、ついにその時が来た時には、永遠のいのちを頂き、太陽のように輝くことが出来ると書かれています。その時がいつかは示されませんでしたが、ダニエルに言われたように、その日がいつかが大切なのではなく、私に与えられた今日を精一杯生きることに焦点を合わることが大切なのだと思います。

聖書要約
その時(終わりの時)には、ユダを守るみ使いの君主ミカエルが立ちあがって、あなたたちのために天で悪魔の軍とたたかいます。ユダの歴史でかつて経験したことのない苦難の時がやってきますが、命の書に名が記されている者は耐え忍ぶことが出来ます。その時、死んで葬られている者の多くは生き返り、ある者は永遠の命が与えられ、ある者は永遠の滅びが与えられるのです。神の民は太陽のように輝き、星のようにきらめくのです。ダニエルよ、このことは終わりの時が来るまで誰にも知らせてはいけません。ダニエルは川の両岸に一人ずつ立っているのを見ます。ダニエルは前に見た輝く人に尋ねます。「これらの驚くべきことはいつまで続くのですか」とするとその人は両手を上に上げ、天に誓うようにして答えました。「神の民の勢力が打ち砕かれてから3年半が過ぎるまでは終わりません」と。ダニエルは意味がよく分からず、「どんな結末になるのでしょう」と聞いたのですが、その人は「終わりの時が来るまで理解されないでしょう。多くの者は迫害や試練によって清められますが、悪者は悪の中に生き続け悟らない。進んで知ろうとする者だけにその意味が知らせるのです。迫害の期間は1290日より長く、1335日まで耐え忍ぶ者は幸いです。あなたは死んで眠りにつきますが、終わりの時には復活に預かることが出来るのです。