民数記12章 主の働きに自分の役割を見いだす

「なぜあなたがたは、わたしのしもべ、モーセを恐れず、非難するのか。」民数記12:8

助産師永原のちょっと一言
モーセはミリアムやアロンの非難に対して、謙遜であったとのみ書いてあります。おそらく非難に対して抗議したり、怒ったりしなかったのでしょう。なによりも主が特別に選ばれ、主の僕として、主のご用のために用いられているモーセです。ミリアムは非難してはいけなかったのです。非難したと言う動詞が原文では三人称女性単数なので、アロンも非難したように書かれていますが、首謀者はミリアムだったのでしょう。そしてミリアムは7日間皮膚病で苦しむことになります。
新約聖書の中にはバプテスマのヨハネがイエスキリストの前にこの世に使わされます。多くの人たちがバプテスマを受ける為にヨハネの周りにやってきました。しかしヨハネは「わたしより優れた方が、後から来られる。わたしは、かがんでその人の履物のひもをとく値打ちもない」とイエスキリストを指し示しめしたことを思い出します。クリスチャンの生き方として、主のご計画が進められていくために自分がどの役割を果たせばよいのかを見極めることは大切だと思います。ミリアムのように非難する者ではなく、聖霊(神の力)の流れに参与する者でありたいです。

聖書要約
ミリアムとアロンがモーセがクシュの女性を妻にしていることで非難しました。
ミリアムをアロン
ミリアムとアロンはさらに「モーセは直接神からの言葉を聞くことができるが、私たちだって神と直接話すことが出来る」と言ったのです。それを聞かれた主はモーセとアロンとミリアムを幕屋の前に呼ばれました。そして主はアロンとミリアムに「預言者には幻や夢によって語るが、モーセは特別である」と言われたのです。そして主が選ばれた主の僕を非難したことに憤られました。主が3人から離れれた後、ミリアムは皮膚病に罹っていました。モーセは主にミリアムの病が癒されるように執り成しの祈りをしましたが、主は7日間宿営の外に隔離するようにお命じになりました

前の記事

民数記11章 主の手