民数記22章 主の答えを真摯に受け取る

「あなたは彼らと一緒に行ってはならない。この民を呪ってはならない。彼らは祝福されているからだ」22:12

くぅ~ママのちょっと一言
バラムとろばのくだりは光景が目に浮かぶようで興味深く読むことが出来ます。しかしなぜ主が「行け」と言われて出かけたのにこのようなことになったのか不可解です。考えられる事はイスラエルの民を呪ってほしいという王の依頼に対して、神の答えは「イスラエルは主に祝福されているから呪ってはいけない」ということでしたので、答えは明らかで、再度聞く必要はなかったのです。それを聞いたと言う事はバラム自身が王に用いられることを心地よいことと感じて、それに応じたいと言う気持ちがあったのではないかと思います。主は人の心をお見通しです。しかしその間違いをろばの事件で指摘され、おそらくここでバラムは心を入れかえて、主に従う使命に立てたのではないでしょうか。自分の都合のよい答えがほしくて祈ることがありますが、やはりみ心(神のご計画)を求めて祈りたいと思います。

聖書要約
バラクとバラム
イスラエルの民がモアブ平野に宿営した時のことです。モアブの王バラクはイスラエル人の数がおびただしいことと、アモリ人にしたことを聞いて恐れを感じ、占い師バラムを呼び寄せてイスラエルの民を呪ってもらおうと考えました。王の使者は礼物を携えてバラムに会いに行きました。王の依頼を聞いたバラムは神にこのことについて訊ねます。神の答えは「彼らと一緒に行ってはならない、この民を呪ってはけない。彼らは祝福されているからだ」ということでした。バラムは王の依頼を断り使者を送り返します。しかし再び王は、前より位の高い使者を送って頼むのでした。バラムは神の言葉に逆らう事はできないとしながらも、もう一度神に訊ねることにしたのです。神の答えは「行くがいい。しかし私が告げることを行わねばならない」でした。そこでバラムは朝早く、ろばに鞍をつけて出かけたのです。
バラムとろば
バラムが出発すると主の怒りが燃えて、主のみ使いがバラムの行く手を剣を抜いてさえぎります。バラムには見えませんが、み使いを見たろばは慌てて畑の方に逃げます。バラムはろばを打って道に戻します。しかしろばはみ使いを避けて石垣に体を押し付けるのですが、バラムにまた打たれます。前に行くにもみ使いが立ちはだかって進むことが出来ず、うずくまってしまいます。三度バラムに打たれたろばは「私が何をしたのですが、3度も打つとは」と言います。主がろばの口を開かされたのです。その後、主はバラムの目を開かれたので、ことの次第がバラムにも分かりました。「もし意に反するなら引き返します」というバラムに対して主は「行きなさい。しかし私が告げることだけを告げなさい」と言われました。
バラクとバラムの会見
バラク王は国境まで出迎えに来ていました。王はバラムを歓待したのですが、バラムは「神がわたしの口に授けられる言葉だけを告げます」と言いました。